Company会社概要

新会社名 株式会社いばらきスポーツタウン・マネジメント
本社 〒310-0021
茨城県水戸市南町3丁目3-40
アリゼ水戸南町ビル3階
設立 2018年1月
資本金 500万円
決算期 6月

設立趣意

茨城はこれまでも、鹿島アントラーズ、水戸ホーリーホックといったプロスポーツを有し、スポーツクラブが市民に根付き地域の活性化に貢献をしてきた。2016年に開幕した Bリーグには、新たに水戸を拠点に茨城ロボッツが参画し、さらに盛り上がりを見せている。元気を失った地方の再活性、高齢化社会の到来が社会の課題として大きくとらえられている現代において、スポーツが地域に貢献できることは少なくない。

そのような中で2017年9月、茨城ロボッツは水戸市の中心市街地の遊休地を活用し、官民連携で「まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)」を開設。スポーツを通じた商店街の賑わいづくりに挑んでいる。これらの取り組みは地方創生の新たな事例として注目を浴び、さらなるに強く地域へのインパクトを発揮していくことを期待されている。

いばらきスポーツタウン・マネジメントは、茨城ロボッツによるM-SPOの設置、運営のノウハウを活かしながら、さらに地域づくりに貢献していくためにBリーグ初のクラブによる「スポーツ街づくり会社」として設立する。茨城のプロスポーツクラブや様々なムーブメントと連携を強化し、スポーツをする人も、見る人も楽しめる環境の整備、施設の運営、情報発信、イベント、スクール、スポーツコミッション機能などを確立する。さらに地域にある様々な魅力と資源をつなぎ合わせ、アクティビティ、カルチャーなどの分野でも力を発揮し、茨城を面白くし、自慢できる地元をつくるために力を尽くす。

ミッション

茨城をとてつもなくオモシロくする

いばらきスポーツタウン・マネジメントは地域に生きる人々の暮らしを、スポーツ&アクティビティを中心としたコンテンツの力で、より楽しく、より豊かに、よりお洒落に、よりパワフルに、より刺激的に彩る仕組みを構築し、「とてつもなく面白い茨城」の実現に貢献する。

水戸のライフスタイルを変える

いばらきスポーツタウン・マネジメントは仕事前、仕事帰り、休日などに、楽しみと刺激と安らぎを求めて街に出ることを当たり前な暮らしの形とするために、スポーツを中心に芸術、文化、学び、食などの力で、「充実した都市型生活」と「新しい自分時間」を提案する。

子どもたちの記憶に残る「まちなか」をつくる

いばらきスポーツタウン・マネジメントは次世代を担う子どもたちにとっての「まちなか」が、ワクワクする場所、あこがれの場所となり、さらにその先の世代に魅力を語り伝えたくなるような風景となるように、あらゆる資源を結ぶプラットフォームとして「まちづくり」を推進する。

ビジョン

BLUE PRIDE

青いプライド。 県央地域の青色のプロスポーツとそこに繋がる数々のスポーツアクティビティ。
茨城の碧い空と大地、そして水辺。
さらに水戸としての葵の魂---。私たちは、これらの魅力と価値、可能性を誰よりもよく知り、そこにある無限の可能性を信じる。
事業を通じて地元の魅力と価値の「再発見」「再構築」「再発信」するための場をつくり、人をつなぎ、知恵を集め、笑顔を生む。オモシロいをプライドに変える。
自慢したくなる地元を作り出すためのアイデアと実現力にあふれたアツイチームとなる。

組織

代表取締役社長 川﨑 篤之
取締役 山谷 拓志
取締役 堀 義人(非常勤)

事業概要

1. スポーツ

スポーツ施設の活用、運営、開発

① M-SPOの運営受託およびさらなる活用、運用
② 公共施設・体育館・アリーナ等の運営
③ 県内他エリアでの事業開発

スポーツショップ・クラブショップの運営

① ロボッツショップの運営

スクール&スポーツ企画事業

① バスケスクール、チアスクールその他スクール事業の企画、運営
②スポーツ施設を活用したイベントの企画、運営

2. タウン

まちづくりの推進

① 市街地等再活性化の取り組み
② 遊休施設、空き地等の不動産の利活用

地域の魅力を引き出す取り組みの推進

① 大規模イベント・大会等の誘致
② コンベンション機能の確立